クレジットカードで人気のあるマスターカードブランド

日本での国際ブランドとしての人気はVISAに一歩負けていますが、マスターカードブランドの一枚は持っておきたいクレジットカードのブランドです。マスターカードが日本での人気が今一つだったのは、日本に進出した時のやり方にも問題があったようです。

マスターカードは日本の銀行系ブランド三社と提携してマスターカードブランドの知名度アップを図りました。しかしそれがあだとなって帰ってマスターカードのブランドイメージを悪くしてしまいました。というのはこの三社のシステム連携がうまくいかなかったため、同じマスターカードのブランドでも使えない加盟店が出てきたからです。このつまづきがマスターカードの人気にも影響したようです。

最近は見かけなくなりましたが、マスターカードは日本を含めて世界的なキャンペーンを行い、TVCMで大々的な宣伝を行いました。「プライスレス」という言葉は今でも使われますが、これは今でもマスターカードのキャッチフレーズとして使われており、マスターカードのTVCMがきっかけで使われるようになった言葉です。

このキャンペーンがきっかけで日本でもマスターカードの人気が高まってきました。もともと世界的にはVISAと肩を並べる実力があったので当然の結果とも言えます。

クレジットカードの中でもステータスの高さで人気が高いのがアメリカン・エキスプレスです。アメリカン・エキスプレスは海外でも高いステータスを誇っていて人気がありますが、ダイナースクラブと比べると庶民的な面もあります。

アメリカン・エキスプレスのプロパーカードは、グリーン、ゴールドカード、プラチナカード、プレミアムカードと4段階のグレードがあります。人気の秘密は自分に合わせてクレジットカードを選ぶことができ、一般カードのグリーンでさえステータスが高いという点でしょう。

またこうした高級ブランドの加盟店はやはり高級店が多いので、庶民には使いづらい点がありますが、アメリカン・エキスプレスではJCBと提携しているのでJCB加盟店で利用できるのも人気のひとつです。また、日本のクレジットカード会社と数多く提携しているので、アメリカン・エキスプレスブランドのセゾンカードなども発行されていて高い人気があります。

こうした提携カードは気軽にアメリカン・エキスプレスブランドのカードを手にすることができるので人気がありますが、逆にブランドイメージが下がるといったリスクもあります。しかし今のところそうしたステータスの低下も見られないので引き続き高い人気を保てるでしょう。