JCBのプラチナカード「ザ・クラス」

ザ・クラスはJCBの最上位プラチナカードの名称です。年会費は5万円でJCBゴールドカードのメンバーに招待状を送ることで入会者を募集していて、自分で申し込みすることはできないプラチナカードです。三井住友VISAプラチナカードでは選択制のサービスであるプライオリティ・パスは標準で提供されています。

ザ・クラスではJCBが提携している東京ディズニーランドやディズニーシーに関する特典も用意されています。「東京ディズニーリゾート ラウンジサービス」ではJCB提供のアトラクションのラウンジを利用でき、並ぶことなくアトラクションを楽しむことができます。

また、抽選になりますが、東京ディズニーランド内にあるクラブ33(唯一アルコール飲料が提供されている)を年1回利用することができます。クラブ33は既存の会員からの紹介がないと利用できませんが、プラチナカードのザ・クラスの会員であれば利用できるチャンスがあります。

以前は念い1回必ず利用できたようですが、子供の同伴ができたため雰囲気が壊れたのか今では抽選でなおかつ子供の同伴はできなくなっています。

ザ・クラスではこれ以外でもプラチナカードにふさわしいサービスが提供されているので、ステータスを求める人はぜひ挑戦してみましょう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは日本のプラチナカードに比べると、年会費130000円と3倍近い金額となっています。グリーンカードやゴールドカードの会員にインビテーションが送られることで手にすることが可能となります。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードの特典は海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険といった付帯保険、プライオリティ・パスはもちろんですが、様々なプラチナカード会員だけのサービスが提供されています。プラチナ・コンシェルジュサービスでは常に会員のわがままに応えてくれます。

主なプラチナカード会員向けサービスとしては、キャセイパシフィック航空の「ザ・マルコポーロクラブ」の上級資格の付帯、毎年カード更新時に無料でホテルに一泊できるプレゼント、「メディカル・コンサルテーション」では国内の名医からセカンドオピニオンを受けることができます。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードはこれ以外にも「ダイニング・アクセス」をはじめとして様々なサービスが提供されていて、日本で手に入るプラチナカードとしては最高のサービスを持つプラチナカードです。最高のステータスを持て馬手いる人にはおすすめのプラチナカードです。