ブラックカードの意味

ブラックカードはプレミアムカードの俗称です。プラチナカードやそれよりも上位のプレミアムカードはデザインが黒を基調としているためブラックカードと呼ばれています。こうしたブラックカードは自分から申し込みをすることはできません。ひとつグレードの低いクレジットカードを使い倒しているとクレジットカード会社から招待状が届きます。そこで初めてブラックカードが手に入ります。

日本では最も上位のクレジットカードはプラチナカードですが、これもブラックカードと呼ばれることもあります。一般的にはアメリカン・エキスプレスのセンチュリオンやダイナースクラブのプレミアムカードがブラックカードの代表です。

ブラックカードでは戦車や家が買えるといったうわさもありますが、実際タマホームではクレジットカードで家が帰るサービスがありました。現在はそのサービスはありませんが、ブラックカードはカード利用枠が一律に決められていないという特長があります。

カード会員の収入に応じてカード利用枠が決められているので、高収入であれば家を買うことも可能な利用枠も与えられているかもしれません。しかし、サラリーマンでもブラックカードを持っている人もいるので必ずしも富裕層向けというわけでもなさそうです。

ブラックカードを広い意味で解釈するとプラチナカードまで含まれますが、ほとんどのプラチナカードはゴールドカード会員への招待状発送が入会のきっかけとなっています。申し込み可能なプラチナカードは国際ブランドとの提携カードで、本質的にはブラックカードとは呼べません。

ブラックカードの定義として逆に自分から申し込みが不可能なクレジットカードとしてもいいでしょう。誰でも作ることができず、選ばれた人だけが手にすることができるのがブラックカードであって、それがステータスを高める要因となっています。

ブラックカードを手にするには長い道のりが必要です。まずはブラックカードを発行しているクレジットカード会社のゴールドカードを手にすることから始めましょう。ダイナースクラブだけはゴールドカードはないので、ダイナースクラブカードを作ることが必要です。

ゴールドカードj会員になって長い期間高額のカード利用をし続けていると、クレジットカード会社から招待状が届きます。三井住友カードやJCBであればこれで最上位のクレジットカードを手に入れることができます。しかしアメリカン・エキスプレス・カードではさらにプラチナカードを手にして、また高額利用を続けるという段階があります。

ステータスの高いブラックカードほど時間がかかるということです。