クレジットカードで人気のあるブランド

クレジットカードにはブランドがありますが今人気となっているのはやはり国際ブランドです。国際ブランドにはVISAやマスターカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、JCBがあります。これらのブランドには様々な特徴があり、クレジットカードをどのように使うかによって選ぶブランドも変わってきます。

これに対して国内ブランドと呼ばれている日本のクレジットカード会社独自のブランドに関しては、あまり注目されず人気もなくなってきています。日本のブランドでは海外で利用できないというデメリットがありますが、それ以上に国際ブランドが国内でも十分に通用するほど加盟店が充実してきたからでしょう。

かつては国内だけでしか利用できない国内カードもありましたが、今では国際ブランドのないクレジットカードを探すのは難しいほど国際ブランドへの人気が高まっています。詳しくは「クレジットカードの達人」へ。

JCBだけは国内ブランドですが、海外にも加盟店があるため、国際ブランドとしても扱われています。三井住友カードはそれとは逆にVISAブランドを国内ブランド並みに知名度と利便性を高めています。ここでは各ブランドの特徴の紹介と、国内で人気の高いJCBブランドについて紹介していきます。

国際ブランドの中で最も人気が高いのはVISAブランドです。日本では三井住友カードが国内で独占的にVISAカードを発行していましたが、現在ではVISA月のクレジットカードは数多くのクレジットカード会社から発行されています。VISA付きのセゾンカードもあります。

国際ブランドとして人気がある理由はやはり知名度の高さによるものでしょう。三井住友カードの独占時代に国内の加盟店を開拓してVISAの知名度を高めました。もともと海外では加盟店数はトップクラスだったので、国内外で使えるブランドとして定着したのです。

三井住友カードの独占的な時代が終わっても、日本の核クレジットカード会社はVISAブランドとの提携を進めてきたので、その知名度に関しては維持されています。最初にVISAカードを発行したのが三井住友カードという銀行系のクレジットカード会社だったことも人気の理由のひとつでしょう。

三井住友カードが発行することでVISAのステータスの高さが印象付けられたのです。いまは海外旅行も一般的になってきたこともあり、海外で幅広く使うことができるVISAブランドの人気はこれからも衰えることはないでしょう。もしVISAブランドのクレジットカードを持っていないのであればぜひ一枚持ってみましょう。